スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう、てぃもれすてと、みなさん

終わりました。
ナイトシアター4回目。

今回は・・・
なんと52名もの方々が町内外から博物館に足をはこんでくださって、
すんばらしい時間を共有することができました。

映画が終わったあとのあたたかい拍手が
すべてを語ってくれました。
みなさんにこの映画を観てもらえて、本当によかった。

皆さんが書いてくれた感想、一部紹介します。

「戦争と聞くと、人がたくさん死んで大変だなって、正直完全に他人事でした。
この映画観て、戦争に対して少しは感じ方変わったと思います。」(高校一年生)

「はじめに心洗われる音楽、ハートに響くメロディ、
立ち止まって、しあわせ、正義とは何かを感じさせられる映画であった。」

「大地を敬う心があることは
世界の人びとが一つになれることだと思った。
…母なる地球の子、兄弟姉妹だから助け合いたいです。」

「全く知らない国だったのに
日本が関わっていることにショック・・・」

「場所がとても良く暮れていく外の風景ととても引き立てあっていた。
ずっとこの場所でつづけてほしい。」

「この映画に出会えたことに感謝している。とてもとても。
人から人へと伝えることによってより多くの人に見てもらえたらうれしい。すごく。
日々考えて、少しでも良くしていきたいと思います。今日より明日を 少しでも。」

第2部にも30名くらいが残ってくださって
想いに耳を傾けあう、とてもすてきな空間になりました。
最後はなんとみんなで「上を向いて歩こう」歌って終わりました(笑)

感じたのは、
本当に良いものをみんなで共有することは本当にえーことだっていうこと。


東ティモールで起きていたことを知ることは
今世界で起きていること、
これから起きうることを知ること
人間がしうることを知ること

東ティモールの人たちの精神の強靭さ、やわらかさに触れると
自分のまわりのささいな悩みはどこかへ消えて
ひとつ強くなる自分がいます。

怒りを通り抜けた悲しみって
本当に強い人でなければ持ちえない感情。

人間はみんな兄弟だって確信できることの
その信念で行動できることの凄さ。

壮絶な人生を人は
どれだけ温かみで満たすことができるんだろう
人間のあるべき姿ってなんだろう
人間はどこまで人間性を高められるんだろう

土地と、その土地の自然と、神々とつながっている実感って
なんて人間を支えてくれるんだろうと

日本で消えかけている、越知にはかろうじて残っているそういう精神文化が
ほんとに大切なものなんだろうなあと思う

ままならない「自分」と格闘する日々を解決するヒントが
もっと人間としての本質に近づけるヒントが
この映画にはあふれていて
それをもっとすくいたくて
自分とつなげたくて
何度でも観たいのだと思う。


「大地、水、目に見えぬものへの敬意を忘れたとき、人は絆を失う。」

「憎んじゃだめさ。叩いちゃだめ。大地が怒るよ。」

「自分の社会を良くすれば世界にも平和が訪れる。」


協力してくださったみなさまがた、
来て下さったみなさまがた、
ほんとうにありがとうございました。

こういう機会をつくる活動は
自分のライフワークのひとつにしたいと思ってます。
よかったらまたあそびにきてください❤



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rina jan

Author:rina jan
高知県越知町 
地域おこし協力隊
北海道函館市出身 29歳

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。