スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑の卒業、と、標的の村


いつのまにやら○ヶ月経過…
「いつまで畑通信やりゆうがや!」
と3回くらい言われてしまいました。

最後には
「おい、畑通信‼︎」
と畑通信よばわり。

すみません。

隊員川合は生きております。

一昨日、横畠にて
第3代緑のふるさと協力隊の卒業式が行われたので途中参加ですが行ってきました。


(泣き潰れた(酔い潰れた)馬場隊員。ちなみにこの写真使っていいかどうか、誰にもきいてません…笑)

わたしも2年前にはこんな感じでした。
(酔い潰れたところも同じ…)
時が経つのが早い!

テーブルには横畠の青年団(ほぼ皆男性)がつくったご馳走がずらり。

頭が下がります。

毎年毎年、
隊員をあたたかく受け入れてくださり
ありがとうございます。

来年度の隊員のことも
どうぞよろしくお願いします。

そして
馬場くんのこれからに幸多きことを
お祈りします。
がんばれ‼︎


ところで先週、
初めて沖縄本島へ行ってきました。

沖縄の道はなんだかどこへ行っても渋滞していて、どこへ行っても基地だらけでした。

そして、基地の前には必ずこの看板。


沖縄の人は、
戦後、否応なく先祖の土地をアメリカ軍に奪われて、残った土地に住まわされ、自分のお墓にも立ち入ることが許されない…そんな横暴に耐えてきました。

戦前 戦中 アメリカ占領時代の戦後も今も、構図はほとんど変わっていない。
沖縄の人のその言葉の片鱗を感じた旅でした。

そして日本政府は
沖縄を欺き続けてきた。

今、アメリカ軍と日本政府は、
この美しい辺野古の海を埋めてて、
アジアへの戦争拠点をつくろうとしています。



北部に広がる豊かなやんばるの森には、
オスプレイ配備のためのヘリパッドがいくつも建設されようとしていました。



基地に挟まれた高江集落の真上を毎日毎日飛び交うであろうオスプレイ。

越知の町や集落の上を
爆音を立てて低空飛行する米軍戦闘機。

そんなものを想像したら
もうここには住めなくなってしまう。

だけど日本政府の言葉は
「犠牲になってもらうほかない。」

自分たちの美しい故郷と静かな生活、子どもたちの未来を守ろうとすれば
政府に訴えられてしまう国に
私たちは住んでいます。

一体なんのための政府なのか。
一体なんのための国なのか。
どうしてほんとうのことが伝えられていないのか。

知ってほしい、沖縄と日本の現実。

日本人ならば
知らなければいけない沖縄の現実。

私たちの平穏な日々は
うちなんちゅの犠牲のうえに成り立っているのだから。



ぜひ、お越しください‼︎

【詳細】
3/29(土) ①15:00 ②19:00
於 佐川町立桜座
前売:大人1000円 高校生500円
当日:大人1200円 高校生700円
中学生以下無料


公式ホームページ
http://www.hyoteki.com

Facebookイベントページ
https://m.facebook.com/events/275781285932125

スポンサーサイト

8/1、2 カンタ・ティモール、ふたたび!

前回の更新から、
あ~~っっっという間に、一か月以上経ってしまってました。

すみませんでした~・・・
(なんだか毎回謝っている気がします・・)

相変わらず、農作業に追われる毎日ですが、
今日は、うれしいうれしい映画再上映&監督来越知のお知らせです。

本日の高知新聞にも素敵な記事がばば~んと載りました!

20130729 高知新聞jpeg

東ティモールの人に教わったように、
この映画は人のつながりでつなげていこう、そう思って、
あえて監督は配給会社との話を断り、自主上映という形をえらんだそうです。

その思いの通り、
映画を観た人の想いだけが、どんどんつながっていって、
全国各地にひろがっています。

この素晴らしい方が越知町に来てくれるって、
ほんとに二度とないことです!
みなさん、ぜひ、ぜひ、お誘い合わせていらしてくださいね。

詳細はこちらをご覧ください★

20130729 canta!timor

もとむ、ちいきおこしきょうりょくたい

われらが越知町が
地域おこし協力隊をもうひとり
募集してます!

日本で有数の清流仁淀川と、緑深き山々
先祖がつくった棚田と段々畑
おいしい空気と無数の星たち
あったかくて家族みたいな人たちに囲まれて暮らしませんか?

IMG_2084.jpg

田舎ではたらきたいそちらの方
川や山が好きなそちらの方も
高知が好きなあなたも
地域おこし活動に興味があるっていうあなたも
とにかくピン!と来たかた!

くわしくは、こちらをごらんください → 越知町ほーむぺーじ

都市部の20歳~50歳の方が対象。

越知のみなさん、
ぜひ、知人の方にもお声かけくださ~い!

ありがとう、てぃもれすてと、みなさん

終わりました。
ナイトシアター4回目。

今回は・・・
なんと52名もの方々が町内外から博物館に足をはこんでくださって、
すんばらしい時間を共有することができました。

映画が終わったあとのあたたかい拍手が
すべてを語ってくれました。
みなさんにこの映画を観てもらえて、本当によかった。

皆さんが書いてくれた感想、一部紹介します。

「戦争と聞くと、人がたくさん死んで大変だなって、正直完全に他人事でした。
この映画観て、戦争に対して少しは感じ方変わったと思います。」(高校一年生)

「はじめに心洗われる音楽、ハートに響くメロディ、
立ち止まって、しあわせ、正義とは何かを感じさせられる映画であった。」

「大地を敬う心があることは
世界の人びとが一つになれることだと思った。
…母なる地球の子、兄弟姉妹だから助け合いたいです。」

「全く知らない国だったのに
日本が関わっていることにショック・・・」

「場所がとても良く暮れていく外の風景ととても引き立てあっていた。
ずっとこの場所でつづけてほしい。」

「この映画に出会えたことに感謝している。とてもとても。
人から人へと伝えることによってより多くの人に見てもらえたらうれしい。すごく。
日々考えて、少しでも良くしていきたいと思います。今日より明日を 少しでも。」

第2部にも30名くらいが残ってくださって
想いに耳を傾けあう、とてもすてきな空間になりました。
最後はなんとみんなで「上を向いて歩こう」歌って終わりました(笑)

感じたのは、
本当に良いものをみんなで共有することは本当にえーことだっていうこと。


東ティモールで起きていたことを知ることは
今世界で起きていること、
これから起きうることを知ること
人間がしうることを知ること

東ティモールの人たちの精神の強靭さ、やわらかさに触れると
自分のまわりのささいな悩みはどこかへ消えて
ひとつ強くなる自分がいます。

怒りを通り抜けた悲しみって
本当に強い人でなければ持ちえない感情。

人間はみんな兄弟だって確信できることの
その信念で行動できることの凄さ。

壮絶な人生を人は
どれだけ温かみで満たすことができるんだろう
人間のあるべき姿ってなんだろう
人間はどこまで人間性を高められるんだろう

土地と、その土地の自然と、神々とつながっている実感って
なんて人間を支えてくれるんだろうと

日本で消えかけている、越知にはかろうじて残っているそういう精神文化が
ほんとに大切なものなんだろうなあと思う

ままならない「自分」と格闘する日々を解決するヒントが
もっと人間としての本質に近づけるヒントが
この映画にはあふれていて
それをもっとすくいたくて
自分とつなげたくて
何度でも観たいのだと思う。


「大地、水、目に見えぬものへの敬意を忘れたとき、人は絆を失う。」

「憎んじゃだめさ。叩いちゃだめ。大地が怒るよ。」

「自分の社会を良くすれば世界にも平和が訪れる。」


協力してくださったみなさまがた、
来て下さったみなさまがた、
ほんとうにありがとうございました。

こういう機会をつくる活動は
自分のライフワークのひとつにしたいと思ってます。
よかったらまたあそびにきてください❤



焼きいも

今日の越知は小春日和。
そして、おち駅、焼き芋の日!
山室のおんちゃんが焼きいもを売りに来てくれちょりました。

見てください、この人だかり!

IMG_4079.jpg

宣伝の甲斐もあり
週を追うごとにお客さんが増えゆうみたいで、
おんちゃんもうれしそう。


IMG_4081.jpg

あまくってほんとーーーに美味しいがで。おんちゃんの焼きいも。

IMG_4085.jpg

日々、いろいろ悩むけれど

人の笑顔に貢献できたり
ありがとうって言ってもらえるのは
こんな幸せなことなんだよなあと
今日あらためて、思いました。
プロフィール

rina jan

Author:rina jan
高知県越知町 
地域おこし協力隊
北海道函館市出身 29歳

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。